院展 春の院展 /あらまし

日本美術院展覧会(院展)は、公益財団法人日本美術院が主催運営している日本画の公募展覧会です。日本美術院は、東京美術学校長の職を退いた岡倉天心が、大学の上に大学院があるように、美術学校においても美術院の設置が必要であるとの考えから、明治31年7月、新時代における日本美術の維持と開発を指標として、ともに東京美術学校を辞職した橋本雅邦、横山大観、菱田春草、下村観山らと創設した研究団体です。谷中初音町に研究所を建設し(昭和27年、東京都の文化史蹟に指定され、現在、岡倉天心記念公園として岡倉天心先生旧宅趾・日本美術院発祥之地碑が建てられています)、同年10月、落成開院した日本美術院において、日本絵画協会と連合して日本美術院展覧会を開きました。開院当初から地方展覧会を積極的に行い、雑誌『日本美術』を発刊し、研究会を発足させ、また古社寺の国宝修理等、天心の指導のもとに広範な活動が展開されました。しかし、空気を描く工夫はないかという天心の示唆に答えた、大観、春草らによる新しい日本画の試み、輪郭線を用いず色彩の濃淡によって空気や光を表現しようとする描法は「朦朧体」と呼ばれ、厳しい世評を受けます。明治37年2月、天心は大観、春草、六角紫水を伴って渡米し、ニューヨークやケンブリッジ、ロンドン等で留学中の観山の作品も加えた作品展を行います。日本で酷評された「朦朧体」は海外では好評を得ましたが、経営に行き詰まった日本美術院は、明治39年、規則を改正し、第一部(絵画)と第二部(彫刻)に組織替えをします。国宝修理を行う第二部(大正3年に美術院と改称し、昭和43年に財団法人美術院、平成25年に公益財団法人美術院となりました)は奈良に置き、第一部の研究所を茨城県五浦に移しました。 東洋のバルビゾンにしようとの天心の構想に、大観、春草、観山、木村武山も家族とともに五浦に移り住みます。五浦での生活は苦しいものでしたが、そのなかでの研鑽は、明治40年に開設された文部省美術展覧会を発表の場として、高い評価を受ける作品を生み出すことになります。

大正2年9月、岡倉天心は逝去しますが、翌大正3年9月、天心の精神を引き継いで、横山大観を中心に、谷中上三崎南町に研究所を建設し(現在、公益財団法人日本美術院のある場所です)、日本美術院を再興します。再興された日本美術院には日本画のほかに洋画部(大正9年9月に連袂脱退します)と彫刻部(のち彫塑部と改称し、昭和36年2月に解散しました)も加わりました。そして10月に日本橋三越旧館において日本美術院再興記念展覧会を開きました。これが現在、東京都美術館で9月に開催されている日本美術院展覧会(院展)の第1回展にあたり、昭和19年、20年を除き、毎年秋に開催されてきました。日本美術院展覧会を開催できなかった昭和20年、11月に日本美術院小品展覧会が日本橋三越で開かれました。こちらは第2回展から毎年春に開催されることになり、昭和34年に日本美術院春季展覧会と改称され、昭和45年からは春の院展として現在に至っています。

昭和33年5月、日本美術院は、2月に逝去した横山大観の意向に基づき財団法人となりました。初代理事長に安田靫彦が就任し、昭和36年に特待制度が設置されます。昭和53年5月、奥村土牛が第二代理事長に、平成2年4月、小倉遊亀が第三代理事長に就任し、平成4年に招待制度が新設されました。平成8年4月、平山郁夫が第四代理事長に就任し、平成10年、日本美術院創立100周年記念特別展「近代日本美術の軌跡」が東京国立博物館で展観されました。また平成19年には、パリの三越エトワールにおいてL'ÂME ACTUELLE DU JAPON ― Etonnants Peintres INTEN(日本画「今」院展)が開催され、平成21年12月、松尾敏男が第五代理事長に就任しました。平成23年4月、公益財団法人となった日本美術院は、平成26年に再興100周年を迎え、特別展「世紀の日本画」が東京都美術館で展観されました。

  • 略年譜 1
  • 略年譜 2
  • 略年譜 3

 

 院展 春の院展 /岡倉天心

岡倉天心は、文久2年12月26日(西暦1863年2月14日)、福井藩士岡倉覚右衛門(勘右衛門)の次男として生まれました。出生地は横浜本町とされていますが、東京美術学校の履歴書には江戸馬喰町との記載もあります。幼名は角蔵、または覚蔵、のち覚三と改めました。父覚右衛門は、藩命により開港まもない横浜で横浜商館「石川屋」を営み、天心は幼少の頃より英語、漢籍を学びました。また女流画家奥原晴湖に南画の手ほどきも受けています。

明治13年、東京大学を第一期生として卒業し、文部省に勤務、学事視察や古社寺調査を行いました。明治18年に図画取調掛が設置されると委員となり、美術学校創立の準備に携わることになります。明治19年から20年には美術取調委員として浜尾新やフェノロサとともに欧米各国の美術事情を視察、明治22年、帝国博物館が設置されると理事および美術部長に就任します。美術雑誌『国華』を創刊し、明治23年に東京美術学校長となりました。この間、東洋美術の伝統に西洋画の写実性を取り入れた新しい日本絵画の創造を推進して、明治17年、フェノロサらと鑑画会を組織、明治24年には日本青年絵画協会を発足させ、会頭となります。また明治29年に古社寺保存会の委員に任命され、古社寺保存法の制定に努めます。

明治31年、天心を中傷する怪文書が配布され、いわゆる東京美術学校騒動が起こりました。天心は東京美術学校長の職を退き、橋本雅邦、横山大観、菱田春草、下村観山らと日本美術院を創設します。明治34年から35年にかけてはインドを歴遊、明治37年にボストン美術館のエキスパート(明治43年に中国日本部長)となり、同館コレクションの調査、整理、蒐集を行い、日本とアメリカを行き来しました。大正2年、病気のためボストン美術館に休職願いを提出して帰国しますが、病状が悪化して9月2日、新潟県の赤倉山荘で逝去します。岡倉天心は、美術行政家、美術教育者、美術指導者として、すぐれた国際感覚で近代日本美術の基礎を構築しました。

著書に、“ The Ideals of the East ”1903年(『東洋の理想』)、“ The Awakening of Japan ”1904年(『日本の覚醒』)、“ The Book of Tea ”1906年(『茶の本』)があります。

 

 


 院展 春の院展 /日本美術院 創立当時の構成員 (明治31(1898)年)
 院展 春の院展 /正員
橋本雅邦 剱持忠四郎 西郷孤月 横山大観 寺崎広業 菱田春草 
六角紫水 岡部覚弥 新納古拙 岡崎雪声 下村観山 小堀鞆音 
山田敬中 川崎千虎 関保之助 桜井正次 尾形月耕 前田香雪 
新海竹太郎 田辺源助 塩田力蔵 岡倉覚三(天心) 松本楓湖 
滑川貞勝 府川一則 黒川栄勝
 
 院展 春の院展 /役員
 院展 春の院展 /主幹 橋本雅邦
 院展 春の院展 /評議員長 岡倉覚三(天心)
 院展 春の院展 /評議員 橋本雅邦 岡崎雪声 剱持忠四郎 六角紫水 
寺崎広業 西郷孤月 横山大観 岡部覚弥 菱田春草
 院展 春の院展 /幹事 剱持忠四郎
 院展 春の院展 /庶務嘱託 益子幹治
 院展 春の院展 /書記 中島潔 高木源四郎
 
 院展 春の院展 /実技担任
 院展 春の院展 /絵画 橋本雅邦 松本楓湖 尾形月耕 寺崎広業 西郷孤月
横山大観 小堀鞆音 菱田春草 山田敬中 下村観山
 院展 春の院展 /彫刻 新海竹太郎 新納古拙 菅原大三郎 天岡均一 信谷友三
 院展 春の院展 /漆工 田辺源助 六角紫水 磯矢邦之助
 院展 春の院展 /図案 前田香雪 川崎千虎 六角紫水 横山大観 関保之助
 院展 春の院展 /金工 岡崎雪声 滑川貞勝 府川一則 黒川栄勝 岡部覚弥
桜井正次 山本正三郎 桜岡散城 山本茗三郎
 院展 春の院展 /学術担任 内藤耻臾 高山林次郎 前田香雪 川崎千虎 塩田力蔵 
関保之助 岡倉覚三(天心)
 
 院展 春の院展 /名誉賛助会員
公爵二条基弘 子爵川上操六 高田早苗 ビゲロー 公爵近衛篤麿
チルデン カルチス 角田真平 ペルリー 島田三郎 矢野文雄 
志賀重昂 大沼渉 富田鉄之助 都築馨六 大倉喜八郎 鳩山和夫
田口卯吉 侯爵黒田長成 服部一三 子爵谷干城 横山孫一郎 
肥塚龍 金子堅太郎 徳富猪一郎 大石正己 子爵小笠原長成 
朝比奈知泉 久保田譲 高橋捨六 浅田徳則 千頭清臣 浅香克孝鈴木充美 三崎亀之助 米国公使フェノロサ 藤田隆三郎 
ブリンクリー
 
 院展 春の院展 /特別賛助会員
富永永洗 梶田半古 川合玉堂 村田香合 村田丹陵 野村文挙 
鈴木華村 小林呉 饗庭篁村 幸田露伴 高橋太華 尾崎紅葉 
水野年方 大橋乙羽 内藤耻臾 高山林次郎 坪内雄蔵 岡本甚吉
内田耕作 平岡浩太郎
  • 年譜 1
  • → 2
  • → 3
  • → 4
  • → 5
  • → 6
  • → 7
  • → 8