初入選の思い出

展出品はいつも、自分自身に対する腑甲斐無さを感じるものになってしまいます。表現したいものの不徹底さの為です。これ迄数十回出品してきましたが、まあまあかなと思ったのは、春の院展、再興院展合せて数点です。それは目標がこれなら描き切れると思ったものだけです。中途半端な淡い期待を持ったものはダメでした。

 いわゆる頭が悪いのでその様な作画態度を延々と続けてしまうのです。耐久力はつきました。だが切口が明解な仕事を続けていますと、どんどん洗練されます。なぜか洗練が進みますと軽く浅いものになりがちです。諸刃の剣と言いますがその点を注意して仕事をしてゆきたいと思っています。