倉敷での出前授業

 

6月26日(水)に倉敷市にある県立倉敷南高等学校で、西田俊英、清水由朗、小田野尚之の3同人による出前授業が行われ、美術を専攻している1年~3年の生徒30人が受講した。
当日は、西田同人から日本美術院の歴史についての話が冒頭にあり、清水同人から日本画の画材について、また、課題となった「巨峰」の色の描き方を実演して見せ、その後、3同人が生徒の机に赴き、懇切丁寧に指導を行った。最後に生徒の代表者が「日本画に関して今まで解らない事が多かったが、今日指導していただいて理解できるようになりました。」との挨拶があった。