明日香心象
田渕俊夫展
パンフレットをご覧ください。

岡山展 終了しました

2018年1月2日(火)→9日(火)最終日は午後4時閉場
岡山天満屋5階美術画廊
直通電話086-231-7523

福山展 終了しました

2018年2月21日(水)→26日(月)最終日は午後5時閉場
福山天満屋6階美術画廊
直通電話084-927-2521

広島展

2018年3月21日(水・祝)→26日(月) 最終日は午後4時閉場
天満屋広島八丁堀ビル7階美術画廊
直通電話082-246-5606

米子展

2018年6月20日(水)→25日(月)最終日は午後4時閉場
米子天満屋3階美術画廊
直通電話0859-35-1301

齋藤満栄 展
―良寛、芭蕉、西行に魅せられて―

東京展 2018年2月28日(水)→3月6日(火)髙島屋日本橋店6階美術画廊
大阪展 2018年3月14日(水)→20日(火) 髙島屋大阪店6階美術画廊
横浜展 2018年4月4日(水)→10日(火)  髙島屋横浜店7階美術画廊
京都展 2018年4月18日(水)→24日(火) 髙島屋京都店6階美術画廊

各会場とも、最終日は4時にて閉場
図録画像(一部)をご覧ください

このたび髙島屋では日本画家・齋藤満栄先生の個展を、美術部創設110年記念の一環として開催いたします。
齋藤先生は、1948年新潟県に生まれ、多摩美術大学日本画科では横山操の指導を仰ぎ、大学卒業後は堅山南風の内弟子となり、南風没後は松尾敏男に師事し、日本美術史に名を連ねる画家たちの薫陶を受けてこられました。現在は日本美術院同人として、院展を中心に個展、グループ展で精力的に発表を続けておられます。先生の得意とする、しっとりとした古典の味わいを醸しながら、決して高ぶらず、それでいて上品な花鳥画は数多くのファンを魅了しています。
髙島屋初個展となる今展は、先生が近年取り組んでおられるライフワーク、俳聖たちの句や歌を主題にした作品による発表となります。良寛が生まれ、芭蕉が詠み、西行も訪れたと云われる越後国は齋藤先生の出身地でもあります。その三人の歌人たちの足跡、俳句や歌を取材し構想を練り、その結実を50号約20点に描きます。また、その俳句や歌の世界観を想わせるような草花などを描いた小品10余点も一堂に展観しています。
これまでとは一味違う齋藤満栄作品の新境地、無限の刻を感じる静寂と深く沁み入る気韻を、この機会にぜひご高覧賜りますようご案内申し上げます。
髙島屋美術部

齋藤満栄 展
―良寛、芭蕉、西行に魅せられて―

東京展 2018年2月28日(水)→3月6日(火)髙島屋日本橋店6階美術画廊
大阪展 2018年3月14日(水)→20日(火) 髙島屋大阪店6階美術画廊
横浜展 2018年4月4日(水)→10日(火)  髙島屋横浜店7階美術画廊
京都展 2018年4月18日(水)→24日(火) 髙島屋京都店6階美術画廊

各会場とも、最終日は4時にて閉場
図録画像(一部)をご覧ください

このたび髙島屋では日本画家・齋藤満栄先生の個展を、美術部創設110年記念の一環として開催いたします。
齋藤先生は、1948年新潟県に生まれ、多摩美術大学日本画科では横山操の指導を仰ぎ、大学卒業後は堅山南風の内弟子となり、南風没後は松尾敏男に師事し、日本美術史に名を連ねる画家たちの薫陶を受けてこられました。現在は日本美術院同人として、院展を中心に個展、グループ展で精力的に発表を続けておられます。先生の得意とする、しっとりとした古典の味わいを醸しながら、決して高ぶらず、それでいて上品な花鳥画は数多くのファンを魅了しています。
髙島屋初個展となる今展は、先生が近年取り組んでおられるライフワーク、俳聖たちの句や歌を主題にした作品による発表となります。良寛が生まれ、芭蕉が詠み、西行も訪れたと云われる越後国は齋藤先生の出身地でもあります。その三人の歌人たちの足跡、俳句や歌を取材し構想を練り、その結実を50号約20点に描きます。また、その俳句や歌の世界観を想わせるような草花などを描いた小品10余点も一堂に展観しています。
これまでとは一味違う齋藤満栄作品の新境地、無限の刻を感じる静寂と深く沁み入る気韻を、この機会にぜひご高覧賜りますようご案内申し上げます。
髙島屋美術部

小田野尚之 日本画展

平成30年4月18日(水)→24日(火)10時~19時30分 最終日は16時閉場
松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊
〒460-8430 名古屋市中区栄3-16-1 TEL052-251-1111

ポスターをご覧ください

傘寿記念
彩のページⅢ 
福井爽人展

2018年5月10日(木)~23日(水)*会期中無休
11:00~18:30

〒104-0061  東京都中央区銀座5-5-9  アベビル3階
ナカジマアート

「パステルは、自由さを楽しみ、時には童心にかえって描くことが出来る。」と語る福井爽人氏。日本、イタリア、フランスを取材し、様々な旅の思いが詰まった光の印象が、パステルによって豊かな色彩で表現されます。
今展は福井氏の傘寿記念となり、新境地に挑む新作に期待が集まります。 是非ご高覧下さい。

福井爽人「明ける」
福井爽人「明ける」
  • 明ける
福井爽人「風が来る」
福井爽人「風が来る」

髙島屋美術部創設110年記念
清水達三展

パンフレットをご覧ください。
2018年5月23日(水)~29日(火) 髙島屋大阪店6階美術画廊 *最終日4時閉場
6月6日(水)~12日(火) 髙島屋京都店6階美術画廊
6月20日(水)~26日(火) 髙島屋日本橋店6階美術画廊
7月11日(水)~17日(火) 髙島屋横浜店7階美術画廊

松村公嗣日本画展
―時を感じて―

パンフレットをご覧ください。
平成30年5月9日(水)~15日(火)10時~19時

*ギャラリートーク 5月13日 14時から
会期中無休、無料
日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊
東京都中央区日本橋室町1-4-1
電話03-3241-3311

今年の1月で古稀の70歳を迎えました。日本画を描き始めたのが約50年前となります。あっという間に時が過ぎてしまいました。これまで国内外問わず色々な場所へ取材に行きました。その度に感じたもの、残ったものを作品にしてまいりました。20代では描けなかったものでも時を経て作品に仕上げることができたり、若い時分にしか描けなかった作品もあります。私は欲深いのでまだまだ描きたいものがたくさんありますが、残された時間がどれだけなのかわかりません。許される限り、今という時を感じて、今の自分しか描けないものを描いて生きていきたいです。

明日香心象
田渕俊夫展
パンフレットをご覧ください。

岡山展 終了しました

2018年1月2日(火)→9日(火)最終日は午後4時閉場
岡山天満屋5階美術画廊
直通電話086-231-7523

福山展 終了しました

2018年2月21日(水)→26日(月)最終日は午後5時閉場
福山天満屋6階美術画廊
直通電話084-927-2521

広島展

2018年3月21日(水・祝)→26日(月) 最終日は午後4時閉場
天満屋広島八丁堀ビル7階美術画廊
直通電話082-246-5606

米子展

2018年6月20日(水)→25日(月)最終日は午後4時閉場
米子天満屋3階美術画廊
直通電話0859-35-1301